2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ぽちっと

  • にほんブログ村 その他スポーツブログ 100キロウォークへ


ブログ村

  • 。。

2018年5月23日 (水)

「彩の国」を別の角度から見る

19日~20日 トレニックワールド彩の国 100mile&100km

ボランティアスタッフとしてお手伝いをしてきた。

Img_0543_2

現地に着いてすぐ100mileの人のスタートを見送る。

この人たちはこれから累積標高9000以上にもなる山を35時間の制限時間内完走目指して走る。

見送った後は100kmの人の受付。

Img_0545_2

受付したランナーさん、腰かけてシューズを履く

Img_0547_2



9:00 100kmのスタートを見送りお仕事です。

荷物を移動したり、探し物したり。

みんながいなくなったがら~んとした体育館。

Img_0551_2




サンピアエイドのカレーの玉ねぎをひたすら切ったり。

カレーですが、ランナーさんに出すので具材は小さく細かく切ります。



午後になって自分の持ち場のエイドに移動。

お手伝いしたりお参りもしました。

Img_0559
Img_0560

「ランナーさん、怪我なく走れますように・・」

Img_0555_2

朝7:00からこのエイドに来るまでに、ランナーさんは58キロも走ります。

マーシャルさんが任務のために出発。

Img_0557

トップランナーさん15:03到着。速い。

Img_0561
少し後に2番さん、到着。

Img_05632



Img_0564

日中は気温も上がり、ランナーさんもきつそうだったり余裕だったり。

飲み物出したり補充したり、ここでもシチューの具材を切ったり。

時々入る無線でランナーさんの通過の確認とか本部から足りないものの要請はないかとか・・・

ボリュームゾーンは暗くなってから。

暑かった昼間と比べて一気に気温が下がる。

Img_0567


暗闇の中からランナーさんが階段を降りてくると

「お疲れ様で~す」

「ナイスランで~す」 などと迎えます。

日中の暑さがこたえているランナーさんも・・・

熱中症になりかけ・・と言っている人が何人もいました。

真っ暗な中を一人で降りてくる人もいるけど、数人で固まってくる人たちも。

すごいなぁ。

朝から山の中を10何時間も走ってきている人たち。かっこいいです。

エイドを出て行くときには

「いってらっしゃい。頑張って~」

「頑張って!、待ってますからね」

暗闇の中に向かって行くランナーさん。 頑張って欲しい。

走る力も必要だけど、メンタルも強くないと頑張れないと思う。

夜遅くなって本当に気温が下がって来た。

持っているものを重ね着する。

夜中は交代で仮眠をとる。

車で寝ているときも、気が付くと「頑張って~」と声が聞こえる。

ランナーさん用の仮眠所はそこにはなかったので、横になりたい人はブルーシートに段ボール敷いて寝てた。

きっと寒かったはず。







それでもそこからの夜景はとてもきれいで、スカイツリーの明かりも見えた。

Img_0571


4:39 空がだんだんと白んでくる。

Img_0572


明るくなった景色。

リタイアのランナーさんもだいぶ増えてくる。

それでも走っていく後姿はとてもかっこよかったですよ。

桂木エイド、朝にはフルーツポンチもお目見え。

これで元気になったランナーさんもいたはず。

Img_0570




桂木エイドにいたスタッフはほぼランナーさん。

ボラさんのありがたみをよく知っている。






夜中にランナーさんが「ここのエイドは元気だねぇ」と言っていた。

よそはテンション下がっていたのかな?

ランナーさんに少しでも元気になってもらうことができたのだろうか。

私たちも元気をたくさんもらいました。

エイドの皆さんもランナーさんもありがとう。

«100キロを歩くために~ぐんま100キロウォーク 装備編