2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログ村

  • 。。

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月30日 (月)

昨日のレース 再会

今シーズンのロード、2戦目。

上州藤岡蚕マラソン。(サンマラソンと読みます)

ハーフでは標高差240メートルと言うのを売りにしています。

10キロでも150くらい登りますが・・・それを走ってきました。



最近は山ばっかり走っていたので、10キロレースのためのスピード練習はしていません。

(もともと速く走れないから、しても同じかもしれないけど・・)

レースの2日前にスタート時間を勘違いしていたのを思い出す。

思っていたよりも40分早かったので、前日受付に行ってきた。

近所のお姉ちゃんが2年前に10キロを走ったようなので、もしかしているかな~と思ってもらったパンフみていたら知っている名前を発見。

友人の娘ちゃんです。そして友人にメールすると本人だという。

小学校の低学年の頃に会ったのが最後だから見つけられるかな~

でも楽しみが出来ました。


今年は10キロと中学生女子3キロが1番最初のスタート。9:10分

(市民マラソンを兼ねているので、市内の小中学生がたくさん出ています)

私は2年前までレースの世界を知らなかったんだけど、こうやって子供のころから走ることを頑張っていて年に1度でもレースで走ったりしていたら、本人の意識も変わってくるんだろうな~とすごく思う。

ハーフとかを走る大人たちも、それを目標にして練習してレースに臨んでいるわけだけど、それによって生きがいややりがいを感じることができるんだろうな~と。

まぁ、自分でもその仲間に入ったわけですが・・・

10キロのコース。

最高高度の5キロ地点まで、最初からひたすら登りsweat01

去年はほとんど坂練習もしていなかったのできつかったけど、今年は思ったよりも楽に昇れる。

折り返し後の下りも、去年は脚が付いていかない感じでしたが今年は「あれ?こんなもんだっけ~」で下って来れる。

脚って鍛えられるんだな~とアラフィフでも実感しています。


折り返すと元のコースをそのまま下るので登ってくる人とすれ違いますが、私は登りながら必死に娘ちゃんを探す。

かなり速いはずだから折り返してくる人を最初からガン見です。

女子の人数を数えながら登っていましたが、4人まで数えたところで自分が登るのに精一杯になってしまったのですが・・・

顔を上げたらいたup

「〇〇ちゃん、頑張れ~」と声をかける。こちらに気が付いてくれたよう。よかった。

私は、今回もう一人見つけたい人がいた。

神流のレースの時に応援してくれていたおじちゃん。

すっごい派手な(?)格好して両手にうちわを持って踊りながら応援してくれてた。

ゴール後に会ったのですが、どっかで見た覚えがあったので「去年のサンマラソンにも応援に来ていませんでしたか?」と聞いたら、やっぱり応援していたらしい。

今年のサンマラソンも走るからと言ったら「じゃ声かけてよ。あの人数だからこっちからはわからないんだよ」と言われていたのだ。

登っていくときには見当たらなかったのですが、下りながら応援の人を見ていたら いた~happy02

やっぱり顔を塗りたくってサンタの帽子かぶって、両手にうちわ持って踊っています。

「おじさ~ん」と呼ぶと「おねえさ~ん」とハイタッチしましたが、やっぱりわからなそう。

すぐに「神流で会ったでしょう?」と叫ぶと「あぁ~わかった!」と言ってくれた。

良かった。

おじさんにも元気をもらって、去年最後のあたりでは脚が疲れてきて落ちてしまったところも頑張った。

レースに出ることによって、ランブログのリンクさんも増えたし、少しだけど知り合いもできてきた。

ゴール後にいつも走っているグランドで会う人に声かけられて話をしていましたが、その時に横を通り過ぎた人が私を振り返ってまでガン見するcoldsweats01

何でかと言うと私が神流のTシャツを着ていたから。

私はその方をブログ上でしか知りませんが、何年も前から「楽しそうなところを走っているな~」と見ていた。

話はしてませんが・・・

ところで、神流のTシャツ。

私が着るとボディコンなんですけど・・・痩せろってか・・down


2015年11月25日 (水)

最近の練習

すっかりご無沙汰ですcoldsweats01 ぼちぼち走ってはいたし、11月も半ばを過ぎるとお仕事の練習が始まります。

22日は知り合いのお宅に頼まれて、七五三のお支度に行ってきました。

ママと七歳と三歳のお支度です。

2年前も行ったのですが、その時は3歳の真中の子がご機嫌斜めで支度が出来なかったdown

今年は、その子以外のみんなですcoldsweats01

お天気は曇り。雨は大丈夫そう。

私が朝8時に伺うと、すでに頭にお花を付けてきれいにした娘ちゃんたちが迎えてくれえました。

ただ、ちっちゃいお子ちゃまたちを相手にしているので、途中の写真とかももちろん撮れず・・・






一人目は七歳のお姉ちゃん。

この子はおとなしくて、頑張ってじっとしてくれていたのですが・・・

着せ終わってその後ママを着せていたら・・・

遊んでいるのはいいんだけど、しゃがむは寄りかかるは・・・おいおいsweat01

帯の下に付けたしごきを踏んだり、着物の裾踏んだり。。。

(おとなしい子でもこれなのね・・)

でも写真は撮らせてもらった。。すでに帯が曲がってますが・・

Dscn0433

お姉ちゃん、頼むよ~sweat01

その後、ママと3歳の子を着せました。。

3歳、飽きて大暴れchick

でも無事にお支度終わる。





その後、家に帰って急いで早目のお昼ご飯作って食べてから・・・

着付けのお教室に行く。

今度は練習会です。

Dscn0434


Dscn0435



下の写真がちょっと気に入らない。

帯のせいだか、こう・・・もうちょっとビシッとならないものか・・sign02

でも今年の成人式で、当日手順をど忘れしてちゃんとできなかったやつなので、次回は頑張りたい(覚えているやつ 急いで結んだsweat01

上のやつは大丈夫だと思う・・・たぶん。

これらはボディーに着せましたがその後は、相モデルと言って交代でモデルと着せる人になって練習。

もちろん私も振袖着ましたよ~(怖~ぃ)

写真はやめとくね。

次の練習会は29日ですが。。。私は10キロのレースがあるのでサボりますup

・・・それなのに、トレイルのタグを貼る私。

あれsign02


2015年11月12日 (木)

神流マウンテンラン&ウォーク 番外編

one前泊なので前日に出て行ったのですが・・・

 都合により一人で行く。。

 バスで行こうと思ったんだけど、うちのほうからだと乗り換えの時間が悪いdown

 なので違うところから乗ろうと思ったけど・・そこでも時間がすごい。

 Dscn0403
  ・・・・1時間に1本以下。。coldsweats01

 でも無事に神流まで行けました。

Dscn0405

  まだ人もまばらな(いや、いないな)前日のメイン会場sign02

two前夜祭のご馳走の写真を撮らなかった・・down

 全部平らげましたが・・・・

 


 鏑木さんとフランスからの招待選手

 Dscn0409

 鏑木さん、けっこう噛みます・・coldsweats01

threeレース中、白髪山へ登る最後のあたりだったか・・・

 ビデオ撮りしている人がいた。

 必死で登っているところだったので思わず

 「颯爽と走っているところを撮って欲しかった」とふーふー言いながらカメラの前を

 通ったのですが、撮っていた男性、真面目な顔で

 「かっこいいです」と言ってくれた。ありがとう。




fourレースの時、そこらに落ちているごみはほかのレースだと普通に見るのですが・・・

 私は今回ひとつも見てません。(私の通った後は責任持てませんが・・)

 選手の意識もとても高かったのか・・・うれしかったです。

 お山はきれいに・・・heart04



fiveレースのお土産

Dscn0422

 フィニッシャータオル

 参加賞のTシャツ ノースフェイスのものです

 後は右から 柿渋染のコースター 前夜祭で頂いた・・

         竹製のコップ 前夜祭で

         シャラの木で作ったネームプレート 裏側に達筆で一人一人の名前が・・

         神流の草花で。。しおり 

   これらのものはみんな町の皆さんの手作り。。。

  きっと町の人もこの大会をとっても楽しみにしているんだろうな~と言うことが伝わって

  きます。

  後は、前日と当日に使える200円券×5枚で1000円分。 

  私はレースの後にお味噌と草餅を買いました。1000円なりhappy01

 神流 最高 sign03

 

 


2015年11月11日 (水)

神流マウンテンラン&ウォーク 初トレイルレース 続き・・

昨日ので、安取峠まで行ってしまいましたが・・・

Dscn0418

戻ります(^^;  

この写真は大人気の持倉エイド。

テーブルの端から端まで噂のお蕎麦他田舎のごちそう多数happy01

なので、みんなここではゆっくり休んでいきます。

ずっと立っているだけだと寒いだろうに町のボランティアの人には本当に頭が下がります。

霧で景色が見えなかったのは残念でした。

そういえば途中にこんなのが・・・どのあたりだか忘れちゃった。

ちょっと写真が下手だったのですが・・

Dscn0419
一人で大爆笑してたら撮るときに寄りすぎちゃった。

コースわきの木にくくりつけてあるメッセージ。

かっこの位置がおかしくね?

で・・続きです。

安取峠のちょっと手前、ボラの応援してくれるお兄ちゃんが・・

準備ボラの時に一緒で、先日の県民マラソンの時にも会ったお兄ちゃんです。

2人とも「おぉぉぉ~」とハイタッチ。「頑張ってくださいね」と送ってくれる。

その後はナンバーカードのチェック。

今回、私はおそらく誰よりも周りの人たちに声をかけられたと思うんだけど、なぜかというと

誰より素晴らしいナンバーカードだったから(爆)

周りのランナーにも、応援の人にもボラの人にも「いい番号ですね~」と声をかけてもらいました。

安取のエイドでも「うわっ、いい番号」と言ってもらえて「いいでしょう」としばらく雑談。





そしてそこではまたいろんなものを食べながら遊んでいましたが、また見たことのある顔が来た・・・

昨夜の宿泊先へのバスの中で、竹製の徳利を両手で抱えていた男性が到着。

(徳利と書きましたが、直径12センチくらい、高さ50センチほどの大徳利。中にはおそらく1升は入るだろうと思われる・・宿へ帰って飲むらしい。j本人曰く「いっぱい入っているのを持ってきた」)

「あれ?ここには日本酒はないですよ~」とからかう。

上州山楽走らしい人を送り出していたので「山楽走のひとですか?」と聞いたら「今のはトレラン部」と言われた。

前橋トレラン部と色が似ているので素人には見分けが付きづらいです。

ご本人はアミノの人ということでした。





そのかたとしばらく話をしながら並走。

でもそのうちその男性は遅れ始めたのでまた一人旅です。

安取から先は試走の時は断念したので行ってませんが・・・

今日は元気に走れる!

もう残りも少なくなってきているので脚は疲れてきてますが、気持ちよく走れるところもあり楽しい(^-^)

そのうちゴール地点のアナウンスが聞こえてくるようになり下の町が見えてくる。

まさかのサブ5できそうな感じなので頑張ることに・・





最後の私設エイド

もちろん寄ります。きゅうりを食べようとしたらこんにゃくの串刺しも持たされた。もっと勧め

ようとしたようだったけど「5時間切れそうなんで・・」とエイドを後に・・

こんにゃくをもぐもぐしながら道路に出ます。

この大会はランナーのために町のメインの国道をバシバシ止めます。

国道に出るとまたたくさんの応援が・・

「あと少し、頑張れ~」という声援に「ありがとう~」と元気に答えながら走る。

止まっている車が窓を開けてまで「がんばれ~」と言ってくれる。

なんかね、オリンピックの選手にでもなったのかと錯覚しそう(爆)




最後の通り。町の人もボラの人もたくさん。

声援を受けながら気持ちよく走る。

また「あれ、いい番号だ~」と並走してくれる人も・・もう私、大人気です。

「お帰り~」「もう少し~」と大声援です。またハイタッチの嵐。




ちょうど止まらずに信号を渡れていよいよゴールゲートが・・・

アナウンスもしてくれているようでしたが、もう夢中で聞こえず。

でも\(^o^)/でゴール。





とってもとっても楽しかった。

ゴールしたら泣いちゃうかと思っていたけど、また「おっ、○○のお姉ちゃんだ」とおじさん

に声をかけられる。○○には地名が入ります。

昨日荷物預かりのところで話をしたおじさん。

そして完走証には年代別9位の文字が・・

おじさんに見せたら「おっ年代別・・・20代かい」とからかわれた。



トレイル初めてよかったです。

しかも初レースが神流。

ちゃんと走れるようにと思っていっぱい練習してきましたが、そこからもう楽しかった。

お山楽しい。

帰る直前、駐車場からまだゴールしている人がいるあたりを見上げて撮った写真。

Dscn0420

鏑木さんはじめ役場の職員さん、ボランティアの人、レースにかかわったすべての人にありがとう。

神流のみなさんにもありがとう。


頑張りました。気が向いたら・・ぽちっとしてね。


2015年11月10日 (火)

神流マウンテンラン&ウォーク 初トレイルレース

トレイルを初めてまだ半年。。。初トレイルレース神流を走ってきました。

すっごいすっごい楽しかったです(^O^)/

ミドル27キロをまさかの(!)サブ5!!

Dscn0408


この大会は町を挙げての年に1度のお祭りです。

小学生が書いてくれた応援プレートが刺さってます。

Dscn0406
Dscn0407






起きたらあいにくの雨、スーパーとロングの人のスタートは雨の中だったけど、ミドルのス

タートの数分前に雨が上がる。。心がけの良い200数十人!?



前日から本当にたくさんのおもてなしの数々でしたが、スタート後も町の人が道に出てきて

旗を振って「頑張って~いってらっしゃ~い」と送ってくれる。

それが、普通の大会と違ってほぼ高齢者の方々。

もうそこから泣きそう。

でも「ありがとう、行ってきま~す」と声を張り上げて手を振って通り過ぎる。

そして最初からハイタッチの嵐。。数少ない子供たちも手を出して並んでいます。

応援してくれているところでは、すべて返事をしながら通り過ぎました。

Dscn0416





雨に濡れた山もきれいで時々止まって写真を撮る。

Dscn0413

Dscn0414


橋倉の集落でまた応援してもらっていよいよトレイルに入ります。

そこからしばらくは細い道なのでみんなで並んで進みます。

最初は周りの人たちも脚は元気なので登りをついていくのが精一杯でしたが、周りのペー

スが落ちてきても私は割と大丈夫だったので登っているのにちょっと休めている感じ。

それがよかったのか苦手な登りが思ったよりも楽に感じました(*^^)v

たまに平らなところもあるので、そうすると頑張って走る。






途中でTシャツが同じの隣にいた人に話しかけられる。

大阪から一人で参加だそうで、明日には普通に仕事に行くんだって。

しばらく話をしながら一緒に歩く(登っているので走れません)






登って登って登って最初のエイド到着。

ここには先日のボランティアで一緒だった役場の職員の人が・・

「来たよ~」とご挨拶すると「あれ?余裕じゃないっすか~?」と言われた。

スポドリ2杯とコーラ、おっきい梅干しとバナナも頂く。

職員の人に「持倉に移動するんだよね。じゃまた」と声かけてエイドを後にする。







このあたりからまた降ってきてしまいましたが、体もしっかり温まっているので雨は気にならず。

Dscn0417
霧の中へ消えていくランナー。かっこいいです。



さんざ登りましたが、この後本日最大の登りです(^^;

もう無駄口叩いていられません。黙々と真面目に登る。

「あと15キロ」の看板が・・・

そうすると登りはもうちょっとです。

女性数人で固まって登っていましたが「もうちょっとだよね」と励ましあいながら登る。

最高地点は1455m。

そこからはロングとスーパークラスの人たちと合流します。

・・しかもそこから九十九折の下り。

へなちょこランナーの私たちは超速ランナーが来ると端によける(^^;

後ろからの熊鈴の音の感じで速い人が来るとわかります。






試走の時には足が痛くてあまり走れなかった下りも結構頑張って走った。

今度は下って下って下って下ります。楽しい。

足元はちょっと危なそうなところもありますが、気持ちよく走りました。

ひとまず下り終えると1度道路に出ます。そこで時計を見たら11:45分。

予定よりも全然早い。持倉12:00を確信。

道の傍のトイレによる。





そこからまたちょっと登りますが、お待ちかねの持倉エイドに・・・

おそばを頂いて、バナナ、スポドリ、コーラ、塩飴を口の中に放り込んで12:00にエイドを後

に・・しようとしたんだけど、移動してきているはずの役場の職員さんがまだいない。

モーモーちゃんの着ぐるみの職員さんに「○○さんに『元気に出て行ったよ~』って言っと

いて」と言い残して持倉出発。

でも、すぐ民家の軒先に私設エイドが・・

もちろん寄りました。みかんを頂いて先へ進む。

よく食べるな(^^;



そこからもだらだらと下りが続きます。

しばらく行くと急な下り。ロープにすがらないと降りられないくらいですが、周りには女性の

み。

みんなでゆっくりと降りる。よかった。




最後のエイド安取峠。

また梅干しとかいろいろ頂く。なんだか食べることしか書いてませんが・・・(^^;

・・・続く・・・


2015年11月 6日 (金)

群馬県民マラソン ボランティア その2

昨日の続きですが・・・

フルが8時にスタートして、その後も10キロの人たちが荷物を預けに来ますが・・

8時半を少し過ぎたころ・・何気に後ろを振り返ったら、後ろの道路を走って行く脚が見えるではないですかsign03

自分でもフルにエントリーはしていましたが、走らないことにしたのでコース図も気にせず、ましてや正田醤油スタジアム自体も初めてで地理もわかってなかった。。真後ろがコースだったのね。

でも急いで見に行くと、ナンバーカードはもちろんフルの人up

やった~仕事ほったらかして応援ですnote (何人かはちゃんと荷物受け取りしてました)

時計を見たら8:38分。フルの人がここまでで何キロ走っているのかもわかってません。

でも走っている人もまばらだし、先頭の人たちかな・・sign02(顔もガチです)

なので、最初のほうの人たちには声援のみで応援。

だんだん走ってくる人が増えてくる。声援を送るのも楽しい。

走ってくるほうを見ていたら、私たちよりも前にいる人はハイタッチの手は出してない・・

と言うことで。。。走ってくる人が多くなってきましたが、手を出していると近寄ってきてくれる人もいます。

paperpaperpaperpaperpaperボランティアが何人も並んでいるのですが、みんなでハイタッチpaper

仮装の人も走ってきます。

やっぱり1番多かったのがぐんまちゃん。

帽子をかぶっている人が多数。

「ぐんまちゃ~ん、頑張れ~」と騒ぐ。

着ぐるみ(寝間着)もいましたが・・暑そう

仮装の人にはとりあえず声をかける。

ぐんまちゃんはもちろんですが、「オラフ~」とか「ダルマ~!?」とか

緑色のエンピツの着ぐるみの人が、7番テントに荷物を預けに来たのですが。。。

「エンピツまだ来ないね~」と待つcoldsweats01

エンピツの彼女はメーテルだったのですが、メーテルは無事に通過。

そのうちに「なんだあれ~?」と言うものが走って来た。

全身ブドウ・・房が揺れてますhappy01

Dscn0383

「ブドウ~がんばれ~」とまた騒ぐ。

これはストレス解消にはもってこいだわ~heart04

私が騒ぎまくるもんだから、周りもつられてどんどん声が大きくなる(爆)

もう何でもいいから、着ているものに書いてあるもの読む。

「玉村~がんばれ~」とか、もう何でもありcoldsweats01

応援している場所の距離がちゃんとわかっているのならば

「後、たった33キロ~」とやりたかったsmile 9キロ地点にいた模様・・

ワイナイナさんも応援できたし、10キロがスタートした後に通り過ぎた尾崎よしみさんにも声を掛けられたhappy01

とにかく応援sign03

大応援できたからと~っても楽しかった。

Dscn0385



テントの中から見えた走って行く人の脚 これはたぶん10キロの人たち





でもさすがにいつまでもそれをやっているわけにはいかないので、お仕事に戻るhappy02

こんどは預ける人と受け取る人が混ざってきます。

フルの受け取りの人は、最初のうちはばらばらに来るので余裕。

「お疲れ様で~す。タイムはどうでしたか?」などと余分なことまで聞いて完走証を見せてもらったりした。

でも荷物を取るのにかがんで荷物持つので、これずっとやっていると腰をやられるな。 

Dscn0386


ちゃんと働きましたcoldsweats01

でも声援を送ることができたので、楽しいボランティアでした。

今度はトレイルのボランティアがやりたいな。

次の日曜は、私の初トレイルレースです。。応援してねheart04


2015年11月 5日 (木)

群馬県民マラソン ボランティアした~

先日行われた群馬県民マラソン。。。本当はエントリーしていたんだけど走らないことにしたので、ボランティアをすることにした。

マラソンのボランティアって給水所でお水とかを配る人とかが楽しそうだなと思っていたけど、自分で選べるわけではないので今回は「手荷物管理係」coldsweats01

当日、会場のすぐ近くまで車で行けるわけではなく、某駐車場まででそこの集合時間が朝5時・・・sweat01

でも、その後大型バスは選手たちをピストン輸送するのに使われるんだから早朝でも仕方ないよね。。

Dscn0382

まだ暗いうちに会場到着。。でもこの写真はメイン会場ではなくて隣だったみたいdown

荷物預かりの係りをする人たちは、元自衛隊の方々と某銀行のボラの人と個人ボラ。

私は個人ボラだったけど、周りの人たちもボラ経験者ではない模様。。

そうすると、ちょっとでもレースに出ている私のほうが様子はちょっと余計にわかっている。

荷物預かりは朝6時~と言うことだけど、1度預けると取り出せないのはわかっているので、そんなに早くからは来ない。。。雑談coldsweats01

預ける人がたくさん並んでしまうようならば、どんどん受け取ってしまってと言われていたけど、そんなに大渋滞にはならず・・・

番号で並べ替えるのはあとですればいいんだからね・・

受け取りの机のところには座らずに、後ろで荷物もらって並べる作業をする。

下1桁が『7』の人の荷物を預かりました。

8時スタートなのですが、7時前には預ける人が出てくる。。

その時にレース用の支度になってしまう人もいるけど、ジャージとか上着を着たまま預ける人もいる。

私は何度かレースを経験しているのでわかって来たけど、そこらへんにシートとか敷いて最後に脱いだものを置きっぱなしにする人もたくさんいるので、それを周りのボラの人に説明。

「1度預けると取り出せませんが、大丈夫ですか?」と気にしていたので・・

後は、「ナンバーカードを止める安全ピンがないんですけど・・」と言う人が何人もいた。。

こらこらどこやっちゃったんだよ・・sad


それと、ナンバーカードについている計測用チップをはがしてしまって「どうしたらいいんですか?」と言う人も・・・

荷物の受付ではどうにもならないので、すべて「総合案内があちらにありますので、そこへ行ってください」と丸投げcoldsweats01


何かが起こるたびに、周りの人が「マラソン経験者~これはどうしたらいいですか~」と私を呼ぶ。。

(当日は自己紹介もなく、名札もないので名前も知らずに一緒に働いてました)

荷物預かりが始まってしばらくたったころ・・・どこかで見たことのある顔が・・・

日曜日の神流のボランティアで一緒にコース整備に行ったお兄ちゃん。

なんとナンバーカードの末尾が『7』だったようで、荷物を預けに来た。

ちょっと話して「頑張れ~」と送り出す。




私のラン友さんも初フルでエントリーしていた。

数日前に風邪ひいてしまって、治り切らずにちょっと調子が悪かったみたいだけどテントを教えておいたので顔を出してくれた。

最初の15キロくらいまでは貯金をしようと思わないで我慢して走るようにと、えらそうにアドバイス。

フルのスタートの直前。。8時少し前になっても荷物持ってくる人もいる。。

おいおい、大丈夫なんだろうか・・coldsweats01

スタート前のテンションの高いセレモニーも聞こえてきますが、様子はわからず・・sweat01

8時になり「あ~スタートしたみたいね」くらい・・・

それでも、その後スタートの10キロの人とかが荷物は預けに来ます。

・・・続く。。。


2015年11月 2日 (月)

1週間前 神流 準備ボランティア

神流MR&W 1週間前になりました。

私にとっては初めてのトレイルのレースです。

昨日はその準備が行われるということでボランティアに行ってきました。

朝8時半、気温は6℃。町の職員の人さえ「今朝は寒い」と言う。。。sweat01

町の人口の半分以上が65歳以上というのに朝からたくさんの人が来週のレースのために集まっていました。

Dscn0375
役場の車。サウルスくんが付いてます。

ボラの申し込みするときに「ミドルにエントリーしています」と書いておいたので、コース整備に行かせてもらえることに・・・good

私は、おばちゃんたちに交じって竹のコップつくりとかするのかと思っていたので、外に出してもらってよかったup

コース整備だというので、車でまず移動。

途中からは車を置いて山に入ります。

リボンをつけ足したり、コース上にある枯れ枝とかをどかしながら歩きます。

きれいになった林道コース。

Dscn0378

たくさんの落ち葉が重なっています。

足が埋もれます。

でもそこが売りなので「落ち葉はそのままにしてください」と一緒に作業していたお兄さんには言っておきましたmaple
Dscn0377


私はレースでは林道は走らないのですが、とってもいい天気で気持ちよく山を歩いてきました(←あれ?ハイキング?)

コース整備の人たちは、最初からおにぎり弁当を受け取ってコース整備に行きます。

ほぼ終わって、きれいな山を眺めながらお弁当を食べました。

Dscn0380

山の上はちょっと風が強くて寒かったな。


車で移動中も、職員の方たちといろいろ話をして、町のこともレースのことも聞けて楽しかった。

私と一緒に回った人は、持倉のエイド担当と、受付担当の人。

当日もいっぱい応援してもらおうnotes

作業を終えて、来た道を戻る予定だったらしいけど、私のためにわざわざ一回りしてくれた(時間つぶしがしたかったsign02

レースの時にはゆっくりと景色を眺めている余裕はないだろうから、昨日はのんびり山を歩けて楽しかったです。





作業を終了してから朝の駐車場に戻ったら、これから走りに出かけるという人が・・・

初対面の人ですが一緒にくっついて行ってしまいました。

帰ってきていた役場の人たちに「行ってきま~す」と手を振って元気に出ていくおばちゃんcoldsweats01

あわよくば走ろうと思って支度は仕込んであったので、走れてよかった。


この大会はとってもたくさんの手作りによって支えられています。

これも手作りです。完成したゴールゲート。

Dscn0381
後ろにあるイチョウの木とかぶりましたが・・

絶対に帰ってきてこのゲートを笑って通り抜けたいと思います。

これから毎年ボランティアに来たいと思いました。

(毎年走りたいと思いました。。になるよう頑張ります)


« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »