2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログ村

  • 。。

« 日光白根 | トップページ | 救急員講習会 お勉強編 »

2016年8月15日 (月)

救急員講習会 動機

しばらく前から気になっていた救急の講習会。



消防で開いている講習会もあるけど、日赤のものが気になっていた。



基礎講習と救急員養成講習が一緒になった連続3日間の講習があるのだけど

ちょうどお盆の時期に3日間なので、仕事を休まなくても受けられる。



私は締め切りギリギリに申し込みをしたけど、何とか滑り込みセーフだったらしい。




定員30人のところ、本当に30人ほどになっていた。

学生さんが半分くらい。

受講を学校から促されてきたんだろうか・・



日赤の講習で行われる怪我の手当ては三角巾を使っての包帯や固定。

三角巾は日赤のお家芸。

ぜひそれを受けてみたかった。


日航ジャンボ機の事故の後に、その時に携わった警察官の方が書いた手記を読んだ。

日赤の看護婦さんたちが、物資の足りない中で三角巾を使っていろんな手当てを見事にしていたことを書いていた。



私に同じことが出来るとは思っていないけど、そういう技術があるならばちょっとでも身に着けておきたい。



トレイルで走るところは山の中。


もし怪我をしても手当の道具があるとは限らない。

トレイル走っていて迷惑をかけたことはあるけど役に立った試しがない私。





2回走った北海道マラソンも「救護サポートランナー」と言うのを募って

1次救命処置(心肺蘇生、AEDの使用)ができる人を募集していた。

この講習を受けていればそれに応募することができる。




どうせPB狙いのマジ走りランナーとは違う。

それなら誰かの役に立ったほうがいいんじゃない・・・と思ったのだ。






« 日光白根 | トップページ | 救急員講習会 お勉強編 »

トレイル」カテゴリの記事

日々の出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/600159/64063972

この記事へのトラックバック一覧です: 救急員講習会 動機:

« 日光白根 | トップページ | 救急員講習会 お勉強編 »