2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログ村

  • 。。

◆神流マウンテンラン&ウォーク

2016年11月17日 (木)

最高の神流を走った 後編

神流のレースの続きです。

私に課せられていた管理棟、みかぼ森林公園の関門時間は11時半。

ところがレース当日は周りに流されたのか、はたまた私の底力が出たのか(?)10時40分ほどで到着・・・

(これは私にしては本当に速いんですからね~(^^;







私はエイドに着くとまずトイレに並んでいる人数を確認します。


試走の時にも絶対に3回ずつ寄っていたのですが、レースの時も寄らないわけがない。

2人しか並んでいなかったので補給は置いといてまずトイレ(^^;


そしたら後ろに来たお姉さんがしきりに持倉の関門時間を気にしていたので

「この時間にここにいれば絶対に大丈夫! 5回走った私が保証します」と言い切る。


「え!5回も試走したんですか?」

だって全然走れなかったんだもん⤵




管理棟エイドではコーラ飲んだりしてましたが、また役場の職員さんがいた。

私の実力と年齢を知っているはずなので

「私速いでしょう~? すごいと思いません?」と褒めてもらいたいのでアピール。



その後も白髪山までだらだらアップダウンが(主にアップ)続きます。

Dscn1042


試走で5回ロングのコースを走っていますが、レースの時が一番走りやすかった。


Dscn1043


試走の時は辛くて下を向いたままで走ったようなところも顔を上げて、きれいな景色を見ながら走ります。

Dscn1046


ミドルとの合流地点を過ぎると九十九折の下りが続きます。

私がそのあたりに行く頃には速い人はとっくに先に行っていて、周りは何とか走っている人と時たま抜いていくスーパーロングの人。

私はいつも通りに走っているのですが、前の人が熊鈴を聞いて避けてくれる・・・(^^;

このくだりでおそらく15人以上の人を抜く。。。

Dscn1047







九十九折りを気持ちよく(?)降りることができました。


すると持倉手前の道路。

何気に登っているので皆さん歩きますが私はなんとか走っているような感じで行く。

そして、持倉が見えた。

Dscn1048


お蕎麦と花豆を食べていたらラン友さん発見。

夏から足の調子が悪くて走れなかったらしいのですがもう来ていた。

Dscn1049

試走では13時半の持倉関門はギリギリだった。

だけどこの時12時半過ぎ。

サブ8は確信。。





残り10キロほど。



「あ~あと10キロで私の神流は終わっちゃうんだなぁ~」って思った。




安取峠まで。。

まだまだ下っているようで時折出てくる登り・・・



でも今回は本当に頑張ろうと思っていたのでなんとか走る。




Dscn1050


もう写真も止まらないで走ったまま撮りました(^^;

安取峠。。

トイレに寄ってからエイドへ。

ゆずの甘露煮(?)がとっても美味しかったのですが・・・

つまようじではいっぱい取れないなぁ。

でも食べた。

Dscn1051





またいた役場の職員さんに「速いでしょう」アピール。

エイドの先はちょっとロード。

これもまた地味に上り・・・

なんとか歩かないように頑張る・・


トレイルに入ってから急な登り。

まったくこのコースは!・・・⤵

でも何度も来たから先がわかる。

もうちょっと、もうちょっとと進む。

その先はまた気持ちよく走れるところもあって地味に抜きながら走る。

一生懸命すっ飛んでたらオールスポーツのカメラの人がいた。

去年の骨折者が出た「危険地点」

メディカルスタッフと一緒にお知り合いの人が・・・

また送ってもらって気持ちよく走る。

ラスボスも懸命にクリア。



ロードに出ます。

神流町のALTの先生(?)も抜いて走ります。

Dscn1052




黒田エイド。


こんにゃくと芋串をもらって持ったまま行く。



ラストのロードは「おかえりなさ~い」の大合唱。

「ただいまぁ~」と返事しながらハイタッチで駆け抜けます。



ゴール直前に

「写真撮りますからゆっくりお願いします」と言われたのでその通りに。。

そしたら「はい、よくできました~」と言って頂きました(^^;


サブ8どころか時間内に帰って来られた試走の時よりも1時間も早く帰って来た。



周りのラン友さんもびっくりしていたようで・・・・

「まだ来ないと思っていたから写真が撮れなかった・・」とか。。。

一生懸命に走ったけど全然大変じゃなくて、とってもとっても楽しかった。

5回も試走に行った。

40キロは無理なんじゃないかと思った。

でも頑張ったらとっても楽しかった。



まだ私にもやればできることがある。

みんなありがとう。

2016年11月15日 (火)

最高の神流を走った 前編

何年かぶりで晴れのレースになった神流。





スタートはちゃんと後ろのほうにいた。

鏑木さんにハイタッチして送り出してもらう。







youtubeには今年のロングのスタートシーン(1分ちょっとだけど)が出てますが、私の近くの方が撮っていたらしい。

映っていた(^^; (顔はわかりませんよ)





最初のロードも周りに流されてキロ6とか・・・

町の人たちの大声援を受けながら走ります。

川の反対側から一生懸命に手を振ってくれている。



Dscn1035


朝早いのにみんなで並んで声援を送ってくれていました。

Dscn1037


この写真の丸いもの・・・謎。








何度も試走に来たのでコースはけっこう頭に入っている。

最初から結構な登りになるので時計の標高を見ながら行く。


そしたらどうしても時間を縮められなかった最初の8キロほど、赤い鳥居までで試走よりも20分短縮。



じゃぁ頑張らなくちゃとその後もなるべくサボらずに走る。








西御荷鉾山までの階段。

そのあたりまでは渋滞がありましたが、その先はそれほどでもなく・・

(速い人はとっとと先に行っているのか・・(^^;



この先を走れるかどうかでだいぶ違ってくるので、なんとか頑張って先を急ぐ。





前橋トレラン部エイド。

すっごい応援してもらって補給もさせてもらった。

ありがとうございます。

周りに人がいなくなっちゃったけど一人で走る。

Dscn1038

Dscn1039

スーパーロングのラン友さんが

「あれ?速いじゃないですかぁ」と声をかけてくれて私を抜いていった。

この方はあとで表彰台に乗る。

一人で走っていたらその先に幻のエイドが・・・

Dscn1040

今年かんなの姉妹大会になった「中能登トレイル」の方が出してくれているエイド。

お蕎麦かと思ったら古代米が練り込んであるおうどん。

とっても美味しかった。おつゆまで飲み干す(^^;

私が全開でうどん食べているところで話しかけれられたので答えましたが・・・

思いっきり近くでビデオ回っていたけど、神流のDVD用じゃないよね!?



でもこのあたりはず~っと林道が続くのでメンタルが試されるところ・・

このエイドはひよっこには本当にありがたかったです。







管理棟まであと数キロ。

周りは歩いています。






小走りで頑張りますがなかなか辛い。

後ろからやっぱり小走りで追い抜いていくのはスーパーロングの人ばかり・・・

やっぱり走れる人は違う。。










それでもなんとか管理棟が見えてきた。

エイドに到着です。

Dscn1041




    続く・・・

2015年11月12日 (木)

神流マウンテンラン&ウォーク 番外編

one前泊なので前日に出て行ったのですが・・・

 都合により一人で行く。。

 バスで行こうと思ったんだけど、うちのほうからだと乗り換えの時間が悪いdown

 なので違うところから乗ろうと思ったけど・・そこでも時間がすごい。

 Dscn0403
  ・・・・1時間に1本以下。。coldsweats01

 でも無事に神流まで行けました。

Dscn0405

  まだ人もまばらな(いや、いないな)前日のメイン会場sign02

two前夜祭のご馳走の写真を撮らなかった・・down

 全部平らげましたが・・・・

 


 鏑木さんとフランスからの招待選手

 Dscn0409

 鏑木さん、けっこう噛みます・・coldsweats01

threeレース中、白髪山へ登る最後のあたりだったか・・・

 ビデオ撮りしている人がいた。

 必死で登っているところだったので思わず

 「颯爽と走っているところを撮って欲しかった」とふーふー言いながらカメラの前を

 通ったのですが、撮っていた男性、真面目な顔で

 「かっこいいです」と言ってくれた。ありがとう。




fourレースの時、そこらに落ちているごみはほかのレースだと普通に見るのですが・・・

 私は今回ひとつも見てません。(私の通った後は責任持てませんが・・)

 選手の意識もとても高かったのか・・・うれしかったです。

 お山はきれいに・・・heart04



fiveレースのお土産

Dscn0422

 フィニッシャータオル

 参加賞のTシャツ ノースフェイスのものです

 後は右から 柿渋染のコースター 前夜祭で頂いた・・

         竹製のコップ 前夜祭で

         シャラの木で作ったネームプレート 裏側に達筆で一人一人の名前が・・

         神流の草花で。。しおり 

   これらのものはみんな町の皆さんの手作り。。。

  きっと町の人もこの大会をとっても楽しみにしているんだろうな~と言うことが伝わって

  きます。

  後は、前日と当日に使える200円券×5枚で1000円分。 

  私はレースの後にお味噌と草餅を買いました。1000円なりhappy01

 神流 最高 sign03

 

 


2015年11月11日 (水)

神流マウンテンラン&ウォーク 初トレイルレース 続き・・

昨日ので、安取峠まで行ってしまいましたが・・・

Dscn0418

戻ります(^^;  

この写真は大人気の持倉エイド。

テーブルの端から端まで噂のお蕎麦他田舎のごちそう多数happy01

なので、みんなここではゆっくり休んでいきます。

ずっと立っているだけだと寒いだろうに町のボランティアの人には本当に頭が下がります。

霧で景色が見えなかったのは残念でした。

そういえば途中にこんなのが・・・どのあたりだか忘れちゃった。

ちょっと写真が下手だったのですが・・

Dscn0419
一人で大爆笑してたら撮るときに寄りすぎちゃった。

コースわきの木にくくりつけてあるメッセージ。

かっこの位置がおかしくね?

で・・続きです。

安取峠のちょっと手前、ボラの応援してくれるお兄ちゃんが・・

準備ボラの時に一緒で、先日の県民マラソンの時にも会ったお兄ちゃんです。

2人とも「おぉぉぉ~」とハイタッチ。「頑張ってくださいね」と送ってくれる。

その後はナンバーカードのチェック。

今回、私はおそらく誰よりも周りの人たちに声をかけられたと思うんだけど、なぜかというと

誰より素晴らしいナンバーカードだったから(爆)

周りのランナーにも、応援の人にもボラの人にも「いい番号ですね~」と声をかけてもらいました。

安取のエイドでも「うわっ、いい番号」と言ってもらえて「いいでしょう」としばらく雑談。





そしてそこではまたいろんなものを食べながら遊んでいましたが、また見たことのある顔が来た・・・

昨夜の宿泊先へのバスの中で、竹製の徳利を両手で抱えていた男性が到着。

(徳利と書きましたが、直径12センチくらい、高さ50センチほどの大徳利。中にはおそらく1升は入るだろうと思われる・・宿へ帰って飲むらしい。j本人曰く「いっぱい入っているのを持ってきた」)

「あれ?ここには日本酒はないですよ~」とからかう。

上州山楽走らしい人を送り出していたので「山楽走のひとですか?」と聞いたら「今のはトレラン部」と言われた。

前橋トレラン部と色が似ているので素人には見分けが付きづらいです。

ご本人はアミノの人ということでした。





そのかたとしばらく話をしながら並走。

でもそのうちその男性は遅れ始めたのでまた一人旅です。

安取から先は試走の時は断念したので行ってませんが・・・

今日は元気に走れる!

もう残りも少なくなってきているので脚は疲れてきてますが、気持ちよく走れるところもあり楽しい(^-^)

そのうちゴール地点のアナウンスが聞こえてくるようになり下の町が見えてくる。

まさかのサブ5できそうな感じなので頑張ることに・・





最後の私設エイド

もちろん寄ります。きゅうりを食べようとしたらこんにゃくの串刺しも持たされた。もっと勧め

ようとしたようだったけど「5時間切れそうなんで・・」とエイドを後に・・

こんにゃくをもぐもぐしながら道路に出ます。

この大会はランナーのために町のメインの国道をバシバシ止めます。

国道に出るとまたたくさんの応援が・・

「あと少し、頑張れ~」という声援に「ありがとう~」と元気に答えながら走る。

止まっている車が窓を開けてまで「がんばれ~」と言ってくれる。

なんかね、オリンピックの選手にでもなったのかと錯覚しそう(爆)




最後の通り。町の人もボラの人もたくさん。

声援を受けながら気持ちよく走る。

また「あれ、いい番号だ~」と並走してくれる人も・・もう私、大人気です。

「お帰り~」「もう少し~」と大声援です。またハイタッチの嵐。




ちょうど止まらずに信号を渡れていよいよゴールゲートが・・・

アナウンスもしてくれているようでしたが、もう夢中で聞こえず。

でも\(^o^)/でゴール。





とってもとっても楽しかった。

ゴールしたら泣いちゃうかと思っていたけど、また「おっ、○○のお姉ちゃんだ」とおじさん

に声をかけられる。○○には地名が入ります。

昨日荷物預かりのところで話をしたおじさん。

そして完走証には年代別9位の文字が・・

おじさんに見せたら「おっ年代別・・・20代かい」とからかわれた。



トレイル初めてよかったです。

しかも初レースが神流。

ちゃんと走れるようにと思っていっぱい練習してきましたが、そこからもう楽しかった。

お山楽しい。

帰る直前、駐車場からまだゴールしている人がいるあたりを見上げて撮った写真。

Dscn0420

鏑木さんはじめ役場の職員さん、ボランティアの人、レースにかかわったすべての人にありがとう。

神流のみなさんにもありがとう。


頑張りました。気が向いたら・・ぽちっとしてね。


2015年11月10日 (火)

神流マウンテンラン&ウォーク 初トレイルレース

トレイルを初めてまだ半年。。。初トレイルレース神流を走ってきました。

すっごいすっごい楽しかったです(^O^)/

ミドル27キロをまさかの(!)サブ5!!

Dscn0408


この大会は町を挙げての年に1度のお祭りです。

小学生が書いてくれた応援プレートが刺さってます。

Dscn0406
Dscn0407






起きたらあいにくの雨、スーパーとロングの人のスタートは雨の中だったけど、ミドルのス

タートの数分前に雨が上がる。。心がけの良い200数十人!?



前日から本当にたくさんのおもてなしの数々でしたが、スタート後も町の人が道に出てきて

旗を振って「頑張って~いってらっしゃ~い」と送ってくれる。

それが、普通の大会と違ってほぼ高齢者の方々。

もうそこから泣きそう。

でも「ありがとう、行ってきま~す」と声を張り上げて手を振って通り過ぎる。

そして最初からハイタッチの嵐。。数少ない子供たちも手を出して並んでいます。

応援してくれているところでは、すべて返事をしながら通り過ぎました。

Dscn0416





雨に濡れた山もきれいで時々止まって写真を撮る。

Dscn0413

Dscn0414


橋倉の集落でまた応援してもらっていよいよトレイルに入ります。

そこからしばらくは細い道なのでみんなで並んで進みます。

最初は周りの人たちも脚は元気なので登りをついていくのが精一杯でしたが、周りのペー

スが落ちてきても私は割と大丈夫だったので登っているのにちょっと休めている感じ。

それがよかったのか苦手な登りが思ったよりも楽に感じました(*^^)v

たまに平らなところもあるので、そうすると頑張って走る。






途中でTシャツが同じの隣にいた人に話しかけられる。

大阪から一人で参加だそうで、明日には普通に仕事に行くんだって。

しばらく話をしながら一緒に歩く(登っているので走れません)






登って登って登って最初のエイド到着。

ここには先日のボランティアで一緒だった役場の職員の人が・・

「来たよ~」とご挨拶すると「あれ?余裕じゃないっすか~?」と言われた。

スポドリ2杯とコーラ、おっきい梅干しとバナナも頂く。

職員の人に「持倉に移動するんだよね。じゃまた」と声かけてエイドを後にする。







このあたりからまた降ってきてしまいましたが、体もしっかり温まっているので雨は気にならず。

Dscn0417
霧の中へ消えていくランナー。かっこいいです。



さんざ登りましたが、この後本日最大の登りです(^^;

もう無駄口叩いていられません。黙々と真面目に登る。

「あと15キロ」の看板が・・・

そうすると登りはもうちょっとです。

女性数人で固まって登っていましたが「もうちょっとだよね」と励ましあいながら登る。

最高地点は1455m。

そこからはロングとスーパークラスの人たちと合流します。

・・しかもそこから九十九折の下り。

へなちょこランナーの私たちは超速ランナーが来ると端によける(^^;

後ろからの熊鈴の音の感じで速い人が来るとわかります。






試走の時には足が痛くてあまり走れなかった下りも結構頑張って走った。

今度は下って下って下って下ります。楽しい。

足元はちょっと危なそうなところもありますが、気持ちよく走りました。

ひとまず下り終えると1度道路に出ます。そこで時計を見たら11:45分。

予定よりも全然早い。持倉12:00を確信。

道の傍のトイレによる。





そこからまたちょっと登りますが、お待ちかねの持倉エイドに・・・

おそばを頂いて、バナナ、スポドリ、コーラ、塩飴を口の中に放り込んで12:00にエイドを後

に・・しようとしたんだけど、移動してきているはずの役場の職員さんがまだいない。

モーモーちゃんの着ぐるみの職員さんに「○○さんに『元気に出て行ったよ~』って言っと

いて」と言い残して持倉出発。

でも、すぐ民家の軒先に私設エイドが・・

もちろん寄りました。みかんを頂いて先へ進む。

よく食べるな(^^;



そこからもだらだらと下りが続きます。

しばらく行くと急な下り。ロープにすがらないと降りられないくらいですが、周りには女性の

み。

みんなでゆっくりと降りる。よかった。




最後のエイド安取峠。

また梅干しとかいろいろ頂く。なんだか食べることしか書いてませんが・・・(^^;

・・・続く・・・