2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ぽちっと

  • にほんブログ村 その他スポーツブログ 100キロウォークへ


ブログ村

  • 。。

レース・ボランティア

2018年5月23日 (水)

「彩の国」を別の角度から見る

19日~20日 トレニックワールド彩の国 100mile&100km

ボランティアスタッフとしてお手伝いをしてきた。

Img_0543_2

現地に着いてすぐ100mileの人のスタートを見送る。

この人たちはこれから累積標高9000以上にもなる山を35時間の制限時間内完走目指して走る。

見送った後は100kmの人の受付。

Img_0545_2

受付したランナーさん、腰かけてシューズを履く

Img_0547_2



9:00 100kmのスタートを見送りお仕事です。

荷物を移動したり、探し物したり。

みんながいなくなったがら~んとした体育館。

Img_0551_2




サンピアエイドのカレーの玉ねぎをひたすら切ったり。

カレーですが、ランナーさんに出すので具材は小さく細かく切ります。



午後になって自分の持ち場のエイドに移動。

お手伝いしたりお参りもしました。

Img_0559
Img_0560

「ランナーさん、怪我なく走れますように・・」

Img_0555_2

朝7:00からこのエイドに来るまでに、ランナーさんは58キロも走ります。

マーシャルさんが任務のために出発。

Img_0557

トップランナーさん15:03到着。速い。

Img_0561
少し後に2番さん、到着。

Img_05632



Img_0564

日中は気温も上がり、ランナーさんもきつそうだったり余裕だったり。

飲み物出したり補充したり、ここでもシチューの具材を切ったり。

時々入る無線でランナーさんの通過の確認とか本部から足りないものの要請はないかとか・・・

ボリュームゾーンは暗くなってから。

暑かった昼間と比べて一気に気温が下がる。

Img_0567


暗闇の中からランナーさんが階段を降りてくると

「お疲れ様で~す」

「ナイスランで~す」 などと迎えます。

日中の暑さがこたえているランナーさんも・・・

熱中症になりかけ・・と言っている人が何人もいました。

真っ暗な中を一人で降りてくる人もいるけど、数人で固まってくる人たちも。

すごいなぁ。

朝から山の中を10何時間も走ってきている人たち。かっこいいです。

エイドを出て行くときには

「いってらっしゃい。頑張って~」

「頑張って!、待ってますからね」

暗闇の中に向かって行くランナーさん。 頑張って欲しい。

走る力も必要だけど、メンタルも強くないと頑張れないと思う。

夜遅くなって本当に気温が下がって来た。

持っているものを重ね着する。

夜中は交代で仮眠をとる。

車で寝ているときも、気が付くと「頑張って~」と声が聞こえる。

ランナーさん用の仮眠所はそこにはなかったので、横になりたい人はブルーシートに段ボール敷いて寝てた。

きっと寒かったはず。







それでもそこからの夜景はとてもきれいで、スカイツリーの明かりも見えた。

Img_0571


4:39 空がだんだんと白んでくる。

Img_0572


明るくなった景色。

リタイアのランナーさんもだいぶ増えてくる。

それでも走っていく後姿はとてもかっこよかったですよ。

桂木エイド、朝にはフルーツポンチもお目見え。

これで元気になったランナーさんもいたはず。

Img_0570




桂木エイドにいたスタッフはほぼランナーさん。

ボラさんのありがたみをよく知っている。






夜中にランナーさんが「ここのエイドは元気だねぇ」と言っていた。

よそはテンション下がっていたのかな?

ランナーさんに少しでも元気になってもらうことができたのだろうか。

私たちも元気をたくさんもらいました。

エイドの皆さんもランナーさんもありがとう。

2016年11月21日 (月)

奥宮さんは優しかった

FunTrail。。。おこがましくもボランティアでお手伝いさせてもらった。

Dscn1057






トレイルのボラは初めて。

最初は本部近くでお手伝いしていたのですが、夕方暗くなり始めてからは荷物のところへ。

Dscn1059





そこでお弁当頂いてまた荷物番。

100のほうの荷物だったので、そのころはまだリタイアの人が取りに来るくらい。

私ともう一人の女性と二人でいたのですが、奥宮さんがひょいと現れて

「寒くないですか?」と聞いてくれた。

・・・まぁ外だしテントの中じゃないし、寒いのは寒いけどどうしようもないので

「大丈夫です」と答えたんだけど・・・・

そのあとほかのスタッフさんがどっからかストーブを持ってきてくれた。

ちょっとあったかくなる。

そしてまた少ししたら奥宮さんが両手に湯気の上るカップを持ってきた。

「おしるこです。どうぞ」

ありがたく頂きます。おいしい。

それを頂いていたら今度は奥宮さん毛布を抱えてやってきた。

「これどうぞ。くるまってください、汚れてもいいですからね。気にしないで・・」

もうありがたくて涙が出そう。



体に巻き付ける。



100と50は荷物の場所が違うので、50のボラの人のところにも同じように持って行ってくれていた。

ちょっと毛布にくるまっていましたが、その後戻って来たドロップバッグの整理。

一通り終わるころにまた次の荷物が来た(^^;


今度は汗が出るくらい・・・





私は1日だけのボラだったので22時まで。

100のトップのほうの人はゴールし始めていた。



今度はもうちょっと長くお手伝いできるようにしたいと思います。


2015年11月 6日 (金)

群馬県民マラソン ボランティア その2

昨日の続きですが・・・

フルが8時にスタートして、その後も10キロの人たちが荷物を預けに来ますが・・

8時半を少し過ぎたころ・・何気に後ろを振り返ったら、後ろの道路を走って行く脚が見えるではないですかsign03

自分でもフルにエントリーはしていましたが、走らないことにしたのでコース図も気にせず、ましてや正田醤油スタジアム自体も初めてで地理もわかってなかった。。真後ろがコースだったのね。

でも急いで見に行くと、ナンバーカードはもちろんフルの人up

やった~仕事ほったらかして応援ですnote (何人かはちゃんと荷物受け取りしてました)

時計を見たら8:38分。フルの人がここまでで何キロ走っているのかもわかってません。

でも走っている人もまばらだし、先頭の人たちかな・・sign02(顔もガチです)

なので、最初のほうの人たちには声援のみで応援。

だんだん走ってくる人が増えてくる。声援を送るのも楽しい。

走ってくるほうを見ていたら、私たちよりも前にいる人はハイタッチの手は出してない・・

と言うことで。。。走ってくる人が多くなってきましたが、手を出していると近寄ってきてくれる人もいます。

paperpaperpaperpaperpaperボランティアが何人も並んでいるのですが、みんなでハイタッチpaper

仮装の人も走ってきます。

やっぱり1番多かったのがぐんまちゃん。

帽子をかぶっている人が多数。

「ぐんまちゃ~ん、頑張れ~」と騒ぐ。

着ぐるみ(寝間着)もいましたが・・暑そう

仮装の人にはとりあえず声をかける。

ぐんまちゃんはもちろんですが、「オラフ~」とか「ダルマ~!?」とか

緑色のエンピツの着ぐるみの人が、7番テントに荷物を預けに来たのですが。。。

「エンピツまだ来ないね~」と待つcoldsweats01

エンピツの彼女はメーテルだったのですが、メーテルは無事に通過。

そのうちに「なんだあれ~?」と言うものが走って来た。

全身ブドウ・・房が揺れてますhappy01

Dscn0383

「ブドウ~がんばれ~」とまた騒ぐ。

これはストレス解消にはもってこいだわ~heart04

私が騒ぎまくるもんだから、周りもつられてどんどん声が大きくなる(爆)

もう何でもいいから、着ているものに書いてあるもの読む。

「玉村~がんばれ~」とか、もう何でもありcoldsweats01

応援している場所の距離がちゃんとわかっているのならば

「後、たった33キロ~」とやりたかったsmile 9キロ地点にいた模様・・

ワイナイナさんも応援できたし、10キロがスタートした後に通り過ぎた尾崎よしみさんにも声を掛けられたhappy01

とにかく応援sign03

大応援できたからと~っても楽しかった。

Dscn0385



テントの中から見えた走って行く人の脚 これはたぶん10キロの人たち





でもさすがにいつまでもそれをやっているわけにはいかないので、お仕事に戻るhappy02

こんどは預ける人と受け取る人が混ざってきます。

フルの受け取りの人は、最初のうちはばらばらに来るので余裕。

「お疲れ様で~す。タイムはどうでしたか?」などと余分なことまで聞いて完走証を見せてもらったりした。

でも荷物を取るのにかがんで荷物持つので、これずっとやっていると腰をやられるな。 

Dscn0386


ちゃんと働きましたcoldsweats01

でも声援を送ることができたので、楽しいボランティアでした。

今度はトレイルのボランティアがやりたいな。

次の日曜は、私の初トレイルレースです。。応援してねheart04


2015年11月 5日 (木)

群馬県民マラソン ボランティアした~

先日行われた群馬県民マラソン。。。本当はエントリーしていたんだけど走らないことにしたので、ボランティアをすることにした。

マラソンのボランティアって給水所でお水とかを配る人とかが楽しそうだなと思っていたけど、自分で選べるわけではないので今回は「手荷物管理係」coldsweats01

当日、会場のすぐ近くまで車で行けるわけではなく、某駐車場まででそこの集合時間が朝5時・・・sweat01

でも、その後大型バスは選手たちをピストン輸送するのに使われるんだから早朝でも仕方ないよね。。

Dscn0382

まだ暗いうちに会場到着。。でもこの写真はメイン会場ではなくて隣だったみたいdown

荷物預かりの係りをする人たちは、元自衛隊の方々と某銀行のボラの人と個人ボラ。

私は個人ボラだったけど、周りの人たちもボラ経験者ではない模様。。

そうすると、ちょっとでもレースに出ている私のほうが様子はちょっと余計にわかっている。

荷物預かりは朝6時~と言うことだけど、1度預けると取り出せないのはわかっているので、そんなに早くからは来ない。。。雑談coldsweats01

預ける人がたくさん並んでしまうようならば、どんどん受け取ってしまってと言われていたけど、そんなに大渋滞にはならず・・・

番号で並べ替えるのはあとですればいいんだからね・・

受け取りの机のところには座らずに、後ろで荷物もらって並べる作業をする。

下1桁が『7』の人の荷物を預かりました。

8時スタートなのですが、7時前には預ける人が出てくる。。

その時にレース用の支度になってしまう人もいるけど、ジャージとか上着を着たまま預ける人もいる。

私は何度かレースを経験しているのでわかって来たけど、そこらへんにシートとか敷いて最後に脱いだものを置きっぱなしにする人もたくさんいるので、それを周りのボラの人に説明。

「1度預けると取り出せませんが、大丈夫ですか?」と気にしていたので・・

後は、「ナンバーカードを止める安全ピンがないんですけど・・」と言う人が何人もいた。。

こらこらどこやっちゃったんだよ・・sad


それと、ナンバーカードについている計測用チップをはがしてしまって「どうしたらいいんですか?」と言う人も・・・

荷物の受付ではどうにもならないので、すべて「総合案内があちらにありますので、そこへ行ってください」と丸投げcoldsweats01


何かが起こるたびに、周りの人が「マラソン経験者~これはどうしたらいいですか~」と私を呼ぶ。。

(当日は自己紹介もなく、名札もないので名前も知らずに一緒に働いてました)

荷物預かりが始まってしばらくたったころ・・・どこかで見たことのある顔が・・・

日曜日の神流のボランティアで一緒にコース整備に行ったお兄ちゃん。

なんとナンバーカードの末尾が『7』だったようで、荷物を預けに来た。

ちょっと話して「頑張れ~」と送り出す。




私のラン友さんも初フルでエントリーしていた。

数日前に風邪ひいてしまって、治り切らずにちょっと調子が悪かったみたいだけどテントを教えておいたので顔を出してくれた。

最初の15キロくらいまでは貯金をしようと思わないで我慢して走るようにと、えらそうにアドバイス。

フルのスタートの直前。。8時少し前になっても荷物持ってくる人もいる。。

おいおい、大丈夫なんだろうか・・coldsweats01

スタート前のテンションの高いセレモニーも聞こえてきますが、様子はわからず・・sweat01

8時になり「あ~スタートしたみたいね」くらい・・・

それでも、その後スタートの10キロの人とかが荷物は預けに来ます。

・・・続く。。。


2015年11月 2日 (月)

1週間前 神流 準備ボランティア

神流MR&W 1週間前になりました。

私にとっては初めてのトレイルのレースです。

昨日はその準備が行われるということでボランティアに行ってきました。

朝8時半、気温は6℃。町の職員の人さえ「今朝は寒い」と言う。。。sweat01

町の人口の半分以上が65歳以上というのに朝からたくさんの人が来週のレースのために集まっていました。

Dscn0375
役場の車。サウルスくんが付いてます。

ボラの申し込みするときに「ミドルにエントリーしています」と書いておいたので、コース整備に行かせてもらえることに・・・good

私は、おばちゃんたちに交じって竹のコップつくりとかするのかと思っていたので、外に出してもらってよかったup

コース整備だというので、車でまず移動。

途中からは車を置いて山に入ります。

リボンをつけ足したり、コース上にある枯れ枝とかをどかしながら歩きます。

きれいになった林道コース。

Dscn0378

たくさんの落ち葉が重なっています。

足が埋もれます。

でもそこが売りなので「落ち葉はそのままにしてください」と一緒に作業していたお兄さんには言っておきましたmaple
Dscn0377


私はレースでは林道は走らないのですが、とってもいい天気で気持ちよく山を歩いてきました(←あれ?ハイキング?)

コース整備の人たちは、最初からおにぎり弁当を受け取ってコース整備に行きます。

ほぼ終わって、きれいな山を眺めながらお弁当を食べました。

Dscn0380

山の上はちょっと風が強くて寒かったな。


車で移動中も、職員の方たちといろいろ話をして、町のこともレースのことも聞けて楽しかった。

私と一緒に回った人は、持倉のエイド担当と、受付担当の人。

当日もいっぱい応援してもらおうnotes

作業を終えて、来た道を戻る予定だったらしいけど、私のためにわざわざ一回りしてくれた(時間つぶしがしたかったsign02

レースの時にはゆっくりと景色を眺めている余裕はないだろうから、昨日はのんびり山を歩けて楽しかったです。





作業を終了してから朝の駐車場に戻ったら、これから走りに出かけるという人が・・・

初対面の人ですが一緒にくっついて行ってしまいました。

帰ってきていた役場の人たちに「行ってきま~す」と手を振って元気に出ていくおばちゃんcoldsweats01

あわよくば走ろうと思って支度は仕込んであったので、走れてよかった。


この大会はとってもたくさんの手作りによって支えられています。

これも手作りです。完成したゴールゲート。

Dscn0381
後ろにあるイチョウの木とかぶりましたが・・

絶対に帰ってきてこのゲートを笑って通り抜けたいと思います。

これから毎年ボランティアに来たいと思いました。

(毎年走りたいと思いました。。になるよう頑張ります)


2015年10月17日 (土)

群馬県民マラソン ボランティア説明会~私のお仕事

・・・ボランティア説明会に行っただけなのに、どんだけひっぱるんだか・・coldsweats01

すみません、私にとっては行くだけでものすごいイベントだったのです。やれやれ。

県民駐車場には着きましたが・・まさかの立体駐車場。

自慢ですが、この年になっても一人で立体駐車場に駐車したことはございません。

何気ない振りはしてますが、実はドキドキ。

それでもちゃんとドアミラーも仕舞えて(そんなことができないんかい)車もぴっちり送り出せた。

で、すぐ裏の建物へ。

ボランティアのジャンパーと一緒に受け取った書類には「担当業務 手荷物管理係」だって。

給水とかエイドの担当が楽しそうだと思ったけど、仕方ないcoldsweats01

走っている人を直接応援は出来ませんが、手荷物係ね。頑張るよ。

手荷物係は、一般のボランティアのほかには群銀の方と自衛隊を務め終えた方たちがするらしい。

(一般のボランティアはテント2区画のみ、私はそのうちの一つ担当)

私は本当はフルにエントリーしている。

5日後の神流を走るので、県民マラソンはDNSです。

参加賞のTシャツはもらってくるよnotes


2015年10月16日 (金)

群馬県民マラソン ボランティア説明会~やっと駐車場到着

ナビの設定さえ、まともにできないせいで、だいぶ余分に走ってようやく行きたかったスポーツ店に到着しました。

ここはスポーツ用品と登山用品を扱っているので、トレラン用のものが見られるかと思い行ってみたかったのです。

中に入ってみると思ったよりも小さいお店でしたが、トレラン用のシューズとかも並んでいます。

まずはぐるっと様子を見る。

店員さんもおばちゃんが一人で見ているので寄って来ないcoldsweats01

セールのところに欲しいと思っていた超薄手のパーカ発見。

かなり小さくたためるものだけど、ファスナーもしっかり撥水になっていて雨でもお勧めとあったもの。

試着したりしてしばらく考えて、購入決定。

トレイル用のシューズも1足しかないので見る。

ゴアテックスでも結局濡れるとか聞いていたので、そこは気にしないで3足ばかり履いてみる。

相変わらず店員さんは遠くから様子を見ています。

これはどうだろうかと思っていたアシックスもあったけど、履いてみて違うものにすることに・・・あ~ぁ、また散財しちゃったdollar

で、買い物もして気が済んだので県庁へ向かう。

再びナビさんに目的地設定。(けっこう目と鼻の先なんだけど・・)

嫌いな3車線を通って、橋を渡ると左に曲がれとナビさんが言う。

それなので曲がりましたが・・・

sign02 駐車場の入り口なんてないじゃないの。

建物はあっていたようだけど、入り口側ではないほうへ誘導された模様・・down

仕方なくまた回り込む。ナビのバカpunch

そして「ここかぁ?」と思って入っていった先は・・・おまわりさんが建物の前に立っている。

県庁の隣は警察だった模様sad

車の中からおまわりさんに聞く「すみませ~ん、県庁の県民駐車場ってどこですか?」

・・・ほんの隣でしたsweat01

あ~恥ずかしかった。でも私は群馬ナンバーじゃないもん。

熊谷ナンバーだから許してもらおう。

・・で、駐車場には到着したけど、まさかの立体駐車場。

私に停められんのか・・・・down



2015年10月15日 (木)

群馬県民マラソン ボランティア説明会~車中での喧嘩

私は2車線の道路は嫌いです。3車線の道路なんてもってのほか。

2車線の道路は、最近は着付けのお稽古に行くのに月に2回走るだけ(爆)

・・・それなのに、県民マラソンボラの説明会。会場は群馬県庁の隣・・・

恐ろしい3車線道路を走らなくてはなりません。



年に3回くらいしか使わないナビをようやく設定(もうこの時点でテンパってる)

そして、たいして使わないから「この先300m右方向です」とかナビさんに教えてもらっても「え?300m?どれ?」というすごい展開に・・・・coldsweats01

しかも、ナビのくせに私にいちゃもん付ける。

「急減速はやめましょう」

「急発進です。注意しましょう」・・・だと。

そのたびに「うるさ~い」とか「はい、すいません」返す私。

私は決して運転は荒いほうじゃない。私の運転が急加速なら、〇〇さんなどとんでもないことになる。荒いなんてもんじゃない。

私は先日、久々に車酔いしたのだ。

おっと、話がそれたぞ。

で、ナビと喧嘩しながらどうにか3車線の道路を走りましたが、私が最初に設定した目的地は某スポーツ店。

せっかく前橋まで遠出(!)するんだから、行ってみようと思った。

その後、一応群馬県庁を入れておいた。

そしたら、ナビさんは私が最初に行きたかったスポーツ店ではなくて、県庁を目指してくれた。

・・・いや、これは単なる私の目的地設定ミスだと思うんだけど・・・

ただ、設定はしましたが、私はそのスポーツ店の近くまでは裏道を知っているので無視してずっと走っていた。

最後のあたりが「?」だったのでナビさんに頼りたかったの。

でも、ナビさんが目指してくれたのは県庁。

3車線の道を「あっちに行きなさい」と指示する。

う~ん、どう考えても違うよね。。

・・で、戻ったらお店も見えてきましたが、曲がるところを間違えたsweat01

3車線の道路で、しかもインターの入り口down

高速に乗っては大変だと思っていたら、曲がるところは高速入り口のさらに左側だった・・・bomb

わからんよ、その表示。

でも、ぐるぐる回ってとりあえずお店に到着しました。。

ナビさんには全然従わなかったけど、到着したぞ~good