2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログ村

  • 。。

スキルアップ

2016年11月26日 (土)

トレイルランナーのための地図読み講習会・中級 inトレニックワールド

トレニックワールド主催で地図読み講習会があった。

初級編は9月ごろにあったらしい。

今回は中級編。

コンパスの使い方は一応わかっている(ということで)行われました。

私は秩父まで車で行ってそこから電車で西吾野へ。

ラン友さんのブログに「秩父市役所に車を止めて・・・」と言うのを見ていたのでそのつもりで行きましたが・・・

市役所。。。なんか工事中で車止められない⤵

仕方ないから駅近くの駐車場へ。

Dscn1061


西武秩父駅・電車の中から武甲山。


天気予報は日中は晴れだったと思ったけどどんより。寒い。

3つのグループに分かれて、コンパス使って地図から方向を見極めて次の地点へ向かいます。

Dscn1062



あまりの寒さにウインドブレーカーの上にライトダウンを重ねていましたが、スタート前に先生が

「上を1枚脱いでおいてくださいね。手袋は必ずして。ジャングルジムの中を進むと思ってください」


・・なんだそれ?

ジャングルジム??

で、動き出したらすぐにすごいものが・・

Dscn1064


線路の向こう側の山に向かうのですが・・・この中を通過(^^;

道じゃないんですけど・・・


そして、その山を登り始めたら・・・

Dscn1065


昔の小学生たちが近道するのに使っていたところ・・と言うことだったのですが、それは昭和40年ごろ・・?

いま通る人はいないので、倒木・・なんてもんじゃない。

え~っとこれ? どうやって通ればいいの?という感じです。




Dscn1066


所々に、こんなものが・・・

昔の小学生がこういうのでオリエンテーリング的なことをしていたらしい。

いろはです。しかも木製看板。




ポイントを通過すると先頭を交代しながら進みます。

Dscn1067

途中でまごまごしながらも何とか方向をみて進む。

本当に違っていた時には先生が後から教えてくれます。

Dscn1068



使われていない送電線!?

しかもその下は工事中。

Dscn1069


こんなところ・・通っていいんかなぁ?

通ったけど・・(^^;



あーじゃない、こーじゃないと色々言いながらも、地図読みも手際よくなっていく。

Dscn1070



Dscn1072



寒いけど景色はきれいです。

Dscn1073



Dscn1074


お昼休憩の高山不動尊。

先日のfuntrailのコースにも入ってましたね。


この日の参加者の中にもFT走った人も何人かいました。

100を完走した人も・・・

みんなつわもの・・






Dscn1076


Dscn1078


お昼食べたら本当に寒くなって来た。

ウインドブレーカーの上からライトダウン着こみます。

午後は下り基調なのでちょっとゆるく走れるところも・・・・

ポイントからポイントを目指しますが、これと言ってよくわかるものはありません。

地図からその地点を読み取ります。

「右に小ピークがあって左側が急斜面になっているところ」とか・・・

「先が分岐になっていて左に長そうなピークがあるところ」とか・・

翌日が雪の予報だったので午後からは本当に寒い。

根性がない私はもう「寒い、寒い」だけ・・・


それでもなんとかみんなと一緒に帰って来れた。


私のグループのスタッフさんは春からの試走会でもお世話になった人。

私が試走会ではいつもビリで走っていたのを知っているので

「神流で40キロ走れたんですよ~」と言ったらとっても嬉しそうにしてくれた。





来年には地図読み・上級編があるそうです。

また行っちゃおうかな。大丈夫かな。上級。。。


みなさん、お世話になりました。寒かったけど楽しかったよ。

2016年9月13日 (火)

スキルアップの秋

走っても走っても・・



全くと言っていいほど速く走れるようにはならない私。

ほとんど練習なんてしていなくても初フルで4時間ちょいとなんて人がいるけど、信じられない。

持っているものが違うんだろうけど・・違い過ぎ。。(^^;




でもせめてちょっとだけでもスキルアップしましょうと地図読み講座に申し込んだのは1か月半ほど前。

今年の春先から探していたんだけど、なんと見つけたものはみ~んな私のレースの予定とか試走とかとかぶってしまって今頃になってしまった。

そして、行ってきました。地図読み講座。







私のほかはご夫婦が2組。


どんな偶然なんだかその4人がみんなスズキさん。

しかもわざわざ東京と千葉からお越しだそう・・・






軽く自己紹介をしてロータリーの近くのベンチで、まず読図の基本から・・・

等高線の見方から尾根とか谷、鞍部などの説明。

ピークの見つけ方・・・

本当に最初から教えて頂く。






「山座同定」などと言う言葉も教わりましたが・・・

「あの山なぁに?」と「この道どっち?」 で行くことに・・・・

「トレランの人はイライラするくらい遅いと思いますよ」

と言われましたが、今回はそのつもりで来たのでぉK

Dscn0904

お山に上がっていくところの神社。




登りになりますが本当にゆっくりゆっくり登ります。

途中で何度も止まって地図の確認とコンパス使って行く先の確認。






なので、途中の写真は思ったよりもありません。

最初は「?」だった私ですが、本当に何度も繰り返すのでだんだんわかってくる。

「この道どっち?」は地図にコンパス乗っけてからカプセルを回して北に合わせるのね。

Dscn0909



心配だったお天気も何とか持って時々は日も出てくる。





Dscn0911

鐘撞堂山では「あの山なぁに?」を・・・

そして帰り道。

下りでは分岐で止まって「この道どっち?」

ちゃんとマスター出来たかはちょっと自信がないですが、お勉強してきました。

楽しかったです。

地図読みは復習がとっても大事なんだって。

でも私は実は基本大変真面目なので(ほんとかいな)復習も頑張るよ。

だってひとりでもお山に行きたくて地図読み講座を申し込んだんだから・・









私のようなカメさんに付き合ってくれる人はそう多くなくて、誘ってくれるのを待っていたらなかなか思うようにはお山に行けない。

いまからでも遅くないから秋の里山へ行きたいと思います。

楽しみ。。

カメさんをお山に連れて行ってくれる殊勝な人・募集。

2016年8月27日 (土)

救急員講習会 最終日と結果

心が折れる・・・・

何でかと言うと、途中まで書いてあったのに・・・

ちょっとパソコンから離れていたら全部なくなっていた・・⤵

そして実際の講習からすでに2週間たっているのでうろ覚え・・(^^;



救急員講習会3日目。。

前日までの実技の復習から入ります。

止血方法や急病の手当。

三角巾を使っての手当てや固定。

この場合の手当ては病院に行くまでの応急処置です。




一通り復習したら全部のおさらい。

2つのグループに分かれて傷病者3名をほかの10数名で病院まで運ぶというシミュレーション。

「誰か傷病者役をやってもらえる人 3人」

すかさず手を挙げたσ(o^_^o)

怪我をしたんだけど途中から気を失って意識が無くなるという設定。。

吹き出したいのを頑張って我慢する・・

これは傷病者役をやってみてわかりましたが、最初に意識があったからと言ってそのままとは限らないので、時々声をかけたりして様子を見続けていないといけないのね。

この時は最初に名前とか答えたら、後は声かけをしてくれなかった。。

そして三角巾を使っての傷の手当の実技テスト。

全員が交代で受けますが、思っていたよりも何種類もテストされた。

最後にペーパーテスト。

前日に「これは覚えておいてくださいね」と言うのがたくさん出ていたので、とりあえず頑張って家で久しぶりにお勉強した。

先生は「わからなくてもいっぱい書いてくださいね~」と言っていたので、わからなくてもとんちんかんなことを書いておく(^^;


さ、あれから2週間経ちました。



じゃ~ん、

Dscn0891


本日、結果が届きました。 一応合格です。やった~

「万が一の場に遭遇された際には勇気をもって対処していただければ幸いです」とある。




できるかなぁ。頑張ります。

少しでも役に立てますように・・・・

2016年8月21日 (日)

救急員講習会 お勉強編

講習会1日目。

初日は基礎講習。

テキストを見ながらインストラクターの先生の話を聞いて、その後の実践に移ります。

先生がお手本を見せてくれますが、まずその確認時の言葉が覚えられない・・

「周囲の確認」

「傷病者の観察、大きな出血等なし」

せいぜいこのくらいの言葉なんだけど、やることがわかっていてもとっさには出てきません。

AEDの使い方もグループで教わりますが、いろんな順序とかが「あれっ!?」

でもしつこいくらいに繰り返し練習するので、なんとかできるようになってきます。



胸骨圧迫も30回と人工呼吸2回とセットで1クール。

繰り返してするけど30回なら大したことないと思うけど、なかなかいい運動で(?)大変です。

お昼休憩もはさんで、またテキストで説明。

先生が「これは覚えておいてくださいね~」などと言う。

・・・せんせ~頭に入んないよ⤵

1日目の最後に15分ほどのペーパーテスト。

合格すると翌日からの救急員講習になります。

急病時の観察の仕方や手当ての方法。

怪我をした人への止血方法や病院へ行くまでの処置の方法。

これは何かあった時に役に立ちそうです。



頭の中ぐるぐるしてますが3日目に続きます・・・(^^;

2016年8月15日 (月)

救急員講習会 動機

しばらく前から気になっていた救急の講習会。

消防で開いている講習会もあるけど、日赤のものが気になっていた。

基礎講習と救急員養成講習が一緒になった連続3日間の講習があるのだけど

ちょうどお盆の時期に3日間なので、仕事を休まなくても受けられる。



私は締め切りギリギリに申し込みをしたけど、何とか滑り込みセーフだったらしい。




定員30人のところ、本当に30人ほどになっていた。

学生さんが半分くらい。

受講を学校から促されてきたんだろうか・・



日赤の講習で行われる怪我の手当ては三角巾を使っての包帯や固定。

三角巾は日赤のお家芸。

ぜひそれを受けてみたかった。

日航ジャンボ機の事故の後に、その時に携わった警察官の方が書いた手記を読んだ。

日赤の看護婦さんたちが、物資の足りない中で三角巾を使っていろんな手当てを見事にしていたことを書いていた。



私に同じことが出来るとは思っていないけど、そういう技術があるならばちょっとでも身に着けておきたい。



トレイルで走るところは山の中。


もし怪我をしても手当の道具があるとは限らない。

トレイル走っていて迷惑をかけたことはあるけど役に立った試しがない私。





2回走った北海道マラソンも「救護サポートランナー」と言うのを募って

1次救命処置(心肺蘇生、AEDの使用)ができる人を募集していた。

この講習を受けていればそれに応募することができる。




どうせPB狙いのマジ走りランナーとは違う。

それなら誰かの役に立ったほうがいいんじゃない・・・と思ったのだ。