2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログ村

  • 。。

つぶやき・あいちゃんのこと

2015年4月 8日 (水)

傍らにいたもの・・・

先日、あいちゃんが私のそばにいた・・と書いた。

そのあと私は、バイト先に先日のフルマラソン走っているときの写真を持って行って、その見える人に見せた。

「もしかして、これにあいちゃんが写っていない?」

私には、もしもあいちゃんがここにいるならば絶対この位置にいる!という確信が持てる場所がある。

それは黙っていて、その人に見せた。

そしたら、その人が指差した場所は私が思った通りの場所だった。

「本当にこの人には見えているんだ」

そちらのほうでも確信が持てた。

Photo


あいちゃんはこの写真の私の左足のところにいて一緒に走っていたらしい。

フルマラソン初心者の私が、無事に完走することができたのもきっとあいちゃんが一緒に走っていてくれたからだ。

Photo_2

あいちゃんを紹介しますhappy01

だいぶ前になりますが、あいちゃんが寝ているところに無理やり連れてこられたハムオ君。

迷惑そうですcoldsweats01Photo_3

私の携帯にいつの間にか写っていたあいちゃんとハムオ。

しかも勝手に加工されていたし・・・・ハムオも今はもういません。

Photo_4


あいちゃんの大きさがわかるようにこちらも載せました。

あいちゃんと羊さんです。

息子2の学校のグリーンフェスティバルbud

息子2の学校は、犬とか連れて入ってOKdog

後ろのほうにもちっちゃいわんこが写っています。

羊さんは、フェスティバル用によそから借りてきたらしい。。

2



さすがに大型犬を連れてきている人はいなかったけど、そんなことでめげるあいちゃんちではないgood

Photo_5

こちらの写真は、あいちゃんがなくなる1か月ほど前。

すでに足にかなりきていて、ふらふらして立ち上がれなかったりしていたので、大型犬用のハーネスを購入。

それで補助していました。

あいちゃんは、家の中で飼っていたのですが、トイレは外でしていたのでこれはトイレの時に出たついでに撮ったもの。

私めがけて一生懸命に歩いてきていました。

あいちゃんのことを書いた「いつもの散歩道」というHPが私のリンクの中にあります。

あいちゃんと楽しく遊んでいることを書いていたのですが、病気が始まってだんだんひどくなっていくうちに書けなくなってしまったHPです。

だから、病気の本当にひどかった頃のことは書いてありません。

もしお時間があったら、病気になって最初のころのことまでしか書いてありませんが見てください。

私はあいちゃんが大好きでしたhappy01

2015年4月 5日 (日)

傍らにいるもの・・・

バイト先のある人。 見えるらしい。

更衣室で、Tさんに「肩のところにお父さんがいるよ」と言ったんだって。

Tさんのお父さんは去年亡くなっている。

Tさんのことをそばで見守ってくれているらしい。

私は、その人が見えるらしいということを、その時に知ったんだけどちょっと聞いてみた。

「私にはなんか憑いてない?」 

私は両親は健在だし、付いていてもおばあさんとかかな~と思っていた。

そしたら意外な(?)答えが返って来た。

その人は私のことを上からす~っと視線を下してすかさず

「犬。お水飲みたいって」と言った。

やっぱり、あいちゃんは私のそばにいたんだ。

水道のところに行って、「あいちゃん、お水だよ」と思いながら手で水を受けた。

「顔のす~っとした大きい犬いるよ、でもとってもいい顔をしているから大丈夫」と・・・

「その犬は、足は悪く無かったよね? いま走れているのはその犬のおかげだよ」とも。

うれしくて涙が出てきた。

グランドを走っているとき、あいちゃんをよく思い出していた。

やっぱり私と一緒に走っていたんだ。

先日の初フルの時の写真がある。

今日はバイト先に持って行ってあいちゃんが見えるか聞いてみよう。

きっと私の左側を一緒に走っているはずだから・・

2015年2月 7日 (土)

あいちゃんの命日です

3年前の今日、あいちゃんは虹の橋を渡ってしまいました。

2歳でてんかんを発症して、薬漬けになってしまったけどいろんなところに遊びにも行きました。

Img002


ドッグランのあるスキー場にも連れて行きました。車にはド派手なあいちゃんのシールが貼ってあったので、同じく犬連れで来ている方たちに「あいちゃんだ~」と言ってもらったこともありました。

HPには書けなくなってしまったけど、発作が始まると10日から2週間くらい、日に何度も来るようになったあいちゃん。

何も言えなかったけど、きっとつらかったよね。

10年生きれば長生きと言われる大型犬で、病気持ちでも10歳を超えました。

発作が来てそのまま死んでしまう・・というのが一番怖かったのですが、そうでなかったのがせめてもの救いです。

グランドを走ると芝生の上で走っていたあいちゃんを思い出します。

きっとお空の上でみんなと走り回っていると思います。

私も息子たちもあいちゃんのことが大好きでした。